前期後半の竪穴住居跡

平成4年の調査で発見された縄文時代前期円筒下層b式期の遺跡内で最も古い竪穴住居跡です。傾斜地につくられた住居で主柱穴が2本確認され、1本は壁柱穴を兼ねた特徴を持ち、現在史跡公園に復原されています。


ホーム