~東地区第四号貝塚

 東地区の北側にある貝塚で、海からとれた貝や魚の食べカスがここに捨てられました。
 確認されたのは、中期の貝層で下層部は廃土と考えられます。また、更に下層では前期の貝層、もしくは前期後半の住居跡が眠っていると予想しています。ここの特徴は、貝塚のマウンドがしっかりしていることで、写真の奥には同じようにマウンドが確認できる第三号貝塚が写っています。


ホーム