|中期後半の竪穴住居跡

西地区でもっとも北西側で発見された竪穴住居跡です。榎林式期のやや大きめで中央付近のほかに数個所で炉の後が確認できます。集落が最も大きくなった頃と考えられる時期で、東側に負けない縄文人の生活がここにあったのでしょう。


ホーム